カテゴリー

体型は自分の周りの環境・比較対象に比例する

[ 減量頑張ってる人のランキング ]


気の緩みは身なりから
加齢と共に肥満になりやすくなりますが、それは筋力低下による基礎代謝の低下が原因の1つです。
脂肪が燃えにくい体質になってしまう為、若い頃と同じ食生活をしていると脂肪が蓄積してしまうわけです。

もう1つ。
加齢と共に肥満気味になってしまった方に当てはまる事です。
体型は普段自分の周りに居る方で変化するものだと思っています。
「親友が肥満になると、肥満になるリスクは171%高まる」という研究報告があるくらいです。
10代の頃、20代の頃、30代の頃。。。思い出してみて下さい。
年齢を重ねるにつれて肥満気味な人が周りに増えていませんか?
つまり、身近な人が肥満になる事で気持ちも緩んでしまっているわけです。
「まぁいっか」という気持ちの緩みが若かりし頃との違いでもあります。


ダイエット成功の秘訣はわかってる問題点を自分なりに克服する事です。
体型を維持する基本はなまってしまった体を動かす事やある程度のカロリーコントロールとなります。
自分自身で自己管理しつつ調整すべき所なので、意思が弱いと大変だったりしますよね。
自分自身のイメージが重要となります。

もう1つの気の緩みについて。
若い頃は自分も周りも太りにくい体質であり、ちょっと気が緩むと目立ってしまいます。
モテたいという気持ちがあったり、周りの環境で自己抑制が自然とできやすくなっていたわけですね。
体型もそうですが、服装なども以前は気を使っていたのに。。。って人も多いのでは?

この辺は環境を変えてみる事で心理的な部分が変わってくるでしょう。
自分よりスタイルが良かったり、自分より下の年代の方と接する機会を作る事で自然と肥満抑止力が働くものです。
年下の方にダイエットの成果を褒められたりした時なんかはそれもまたヤル気に繋がると思います。
また、すぐ変えられる髪型や服装などをチャンジしてみたり、テンションを上げていく事も効果的でしょう。

『私生活において、自分よりスタイルが良かったり、自分より下の年代の方と接する機会を作る事もダイエット成功の秘訣。』

ダイエットに成功する為の秘訣


[ 痩せる事に成功した人の人気ブログ ]

[ 2014/04/16 17:19 ] ブログ記事一覧 | TB(0) | CM(1)

ダイエットグラフと株式チャート

[ 減量頑張ってる人のランキング ]


ダイエットグラフ

ダイエットと相場は似たようなものである。
上がり続ける事も無ければ下がり続ける事も無い。
体重の増減に対する心構え」でも書いた事でもある。

体重が増えるにしても減るにしても一直線では無いわけです。
増えたり減ったりを繰り返しつつ徐々に増量または減量の方向に進みます。
体重の増減には上昇か下降か横ばいしかありません。
それは相場と同じ。
相場においては、ずっと右肩上がり、右肩下がりが決まっているのであれば誰でも稼げてしまいます。
つまり、誰も損をしないわけですから相場として成り立ちません。
横ばいの時は横ばいの時期というだけで、その後は上昇か下降かしかありません。
横ばいだから。。。やる気を失ってだらけてしまうと体重は横ばいか増加しかありません。
横ばいでも根気よく継続していれば体重は減少しますし、諦めてしまうと増加する確率が増えるわけです。
丁度抵抗ゾーンみたいなものでしょうか。
そのゾーンを超えたら痩せやすくなるのに諦めてしまっては勿体無いですよね?


グラフをつけている場合、体重が徐々に減少していく図を頭で想像してやってみましょう。
ジグザグに右肩下がりの図を想像するのです。
イメージするグラフは直線では無く、ジグザグです。

途中ちょっと上昇したり、横ばいになったりはあるはずです。
しかし、気にしすぎてはダメなのです。
減量中でも、体重は上昇か下降か横ばいかであり、常時下降する事は「絶対」にありません。
増量したり、横ばいの時はどうしてもテンションが下がってしまうものですが、継続すればやがて減量していくイメージを自分自身で持っている事が重要。
1kg増えても1kg減れば横ばいのラインですし、1kg増えても2kg減れば下降ライン突入のサインかもしれません。
直線的に考えるのではなく、波形の図を頭に描くようにしましょう。
停滞した時は、そこを超えればぐんぐん落ちていく!というイメージを!


1日で数kgとか欲張るのも厳禁です。
行き過ぎた相場は後で是正されるものです。
急上昇後は急降下となります。
体重に関しても同じ事で、過度なカロリー制限など急いで無理して落とした体重は戻る時も急激に元に戻ります。

多少増加したり横ばい期間があったとしても、継続出来る自分に合った方法を見つけるのが良いでしょう。
個人的には運動量をやや意識的に増やし、食事制限は過度にし過ぎないのが精神的には一番楽だと思います。

今回は体重の増減を相場を使って例えてみました。

『ダイエットは上昇か下降か横ばいしか存在しない相場と同じようなもの。自分のペースで焦らず継続出来る方法を見つける事が、ダイエット成功の秘訣の1つ。』

ダイエットに成功する為の秘訣


[ 痩せる事に成功した人の人気ブログ ]

[ 2014/04/16 01:05 ] ブログ記事一覧 | TB(0) | CM(0)

掃除ダイエットは継続中

[ 減量頑張ってる人のランキング ]


【ダイエット体験記 Part5 今日(4/13)のデータ】
測定内容:数値(先週比)
身長:173cm(-)
体重:68.70kg(+0.10kg
BMI:23.3(+0.1
体脂肪率:19.3%(-0.1%
内蔵脂肪レベル:8.5(-)
体内年齢:33歳(-2

胴の脂肪率:19.3%(-0.3%
右腕の脂肪率:14.0%(+0.2%
左腕の脂肪率:15.9%(+0.1%
右足の脂肪率:17.5%(+0.3%
左足の脂肪率:19.0%(+0.3%
[使っている体組成計の説明]

「スタンダードメニュー」
ダイエットに成功する為の秘訣
測定値のレコーディングをする
良く食べる物のカロリーを知る
炭水化物の摂り方に気を使う
1日の活動消費カロリーを知る
ウコン茶を飲むウコン茶について
コーヒーを飲む
食後2時間は寝ない

「不定期メニュー」
筋トレをする 腕立て10 腹筋10 背筋10 を2セット
腹筋ローラー 5往復
腰回し運動 25往復
ロングブレス 1セット
ウォーキングをする効果アップ
風呂でお腹まわりのマッサージ

「メニュー外」
ウォーキングダイエット

4/7 ○ - - - -(ウォーキング10km)
4/8 ○ - - - -
4/9 ○ - - - -
4/10 ○ - - - -
4/11 ○ - - - -
4/12 ○ - - - -
4/13 ○ - - - -
※腰回し ロングブレス 腹筋ローラー 筋トレ(3種X2セット)の順
○は実行 -は未実行

【今週の感想】
今週もカロリーコントロールのみ。
禁煙も進まずパート2。

今週はウォーキングを久々にしました。
自宅から歩いてお酒を飲んでまた歩いて帰宅。
他は特に何も無し。
掃除ダイエットは相変わらずチミチミ継続中。
いらない物をドンドン捨てるのは割と気持ちが良かったりするw

掃除ダイエット!


トイレクイックル買い貯め(増税後ですがw)しました(*゚▽゚*)

ダイエットに関するアンケート実施中です

各週のダイエットメニューを見る
ダイエット効果をグラフで見る


[ 痩せる事に成功した人の人気ブログ ]

[ 2014/04/14 19:57 ] ブログ記事一覧 | TB(0) | CM(0)

ダイエット成功する為の心構えと方法

[ 減量頑張ってる人のランキング ]


ダイエットに成功する為の心構え

ダイエットは頑張るものじゃなくて楽しむもの。
楽しく痩せよう!
そんな貴方の強い心がダイエット成功の秘訣
となります。


○○したら絶対痩せる!
とか
痩せるには○○しなきゃダメだ!
とか
○○したら痩せやすい!
とか
色々な商品とか情報が世の中には溢れていますよね。
でも世の中に「絶対」って言葉は無いのです。
ある人が痩せた方法でも、他の人にとっては全く効果の無いダイエット方法もあります。
全てのダイエット方法においてそう言えると思います。
なぜならば、どんなダイエットであっても継続出来なければダイエットには成功しないからです。


このブログで色々なダイエットを検証したり、紹介してるのはその為でもあります。
自分に合ったダイエット方法を見つけるのが痩せる為の一番の近道です。
ここで言う自分に合ったダイエット方法とは、これなら自分でも続けれそうって思えるかどうかです。
そう思えたら、痩せた時の自分をイメージしつつ、あとは実行し継続してみればいいのです。
継続しない方法は自分には合っていない方法なのです。


私の場合、簡単な運動は実行出来ますが、毎日欠かさずっていうのは縛られてる感じで苦手です。
同様に食事制限なんかも面倒くさいので苦手です。
好きな物を食べ、好きな物を飲みつつ、簡単な運動を自分のペースで続けられる方法を模索・実行してる感じとなります。
自分の体形に注意を払いつつ生活をしていると、何をしたら太り何をしたら痩せるかが大体わかってきます。
自分の体を理解すれば、太るのも痩せるのも割と簡単に出来るようになるものです。

ダイエットを楽しく頑張ろうって気持ちを持続させるには、自分に合ったダイエット方法を見つける事です。
こうすれば痩せるらしいから頑張ってみようってだけではなかなか難しいものです。
このやり方なら自分も続けられそうだな・楽しく出来そうだなって思えるかが減量できるかの分かれ目です。

『ダイエットに成功しようって思う気持ち作りが大切。心を制すればダイエットも制する。その為にも自分が楽しく続けられると思うダイエット方法を見つけよう。』

ダイエットに成功する為の秘訣


[ 痩せる事に成功した人の人気ブログ ]

[ 2014/04/13 20:56 ] ブログ記事一覧 | TB(0) | CM(0)

ダイエットは誰の為?自分の為!

[ 減量頑張ってる人のランキング ]


ダイエットは能動的な気持ちが大切

ダイエットは他人の為にやるものではありません。
誰の為?
自分の為です。

自分の他人から見える姿の為、健康の為などですよね。
周りに言われたからダイエットしよう。。。って人も中には居るとは思いますが、最終的には自分の為になる事です。
言われたからするという受動的な気持ちだとなかなか痩せるのも難しいので、自分の為に頑張ろうという能動的な気持ちが重要です。


結婚したから
とか
出産したから
とか
彼氏・彼女が居ない(別れた)から
とか
年齢的にしょうがない
とか
心に油断が出来てしまいがちの時期、テンションが下がってしまう時期があります。
そして、ダイエットに限らず、これらを理由にしたら言い訳にもなる(使える)部分ですね。

ダイエットは自己管理の部分ですので、理由を作って受動的な姿勢を作ってしまうとダイエットは成功しづらいのです。
むしろ、理由を作るという事は自己管理をする気持ちが負けているわけで成功しないのです。
自己管理とは他人に管理されるものではなく、自分自身で管理していく部分ですから、能動的な姿勢がダイエットを成功させるには絶対に必要となります。


若い頃は基礎代謝が高いので太りにくいのですが、20代後半~は要注意です。
今までと同じ生活をしてしまうと筋力の衰え(基礎代謝の低下)から脂肪が増える危険性が高まります。
ちょっとした心掛けで肥満は回避出来るものですが、そのちょっとした心掛けが出来ないと肥満の道を歩んでしまう事になります。

肥満体型になると色々な問題が生まれてきます。
見た目だけでなく、病気になりやすくもなりますよね。
近年ではメタボリック検診が厚生労働省で義務付けられました。
それくらい肥満は大きな問題なのです。
肥満は自己管理能力の有無が原因ですが、自己管理出来ない人が人の上には立てないとの理由でアメリカでは管理職に付くような方は皆痩せている(肥満体型だと管理職には就けない)そうです。


ダイエットは他人の為じゃなくて自分の為。
少しでも自分の体の事を考えるだけで、ダイエットを成功させる近道になると言えます。
ちょっとした心構えのある人であれば、ダイエットを過度に意識する必要がある程体型も変わらないものです。
しかし、ダイエット単体では楽しいものではありません。
ダイエットをする楽しみを自分自身で作り出すアイデアが大切です。


『自分の為にダイエットをしようという能動的な気持ちがダイエット成功には必須となる。』

ダイエットに成功する為の秘訣


[ 痩せる事に成功した人の人気ブログ ]

[ 2014/04/13 20:26 ] ブログ記事一覧 | TB(0) | CM(0)
ブログ内検索
プロフィール

名前:けん 性別:男性 年代:30代
身長:173cm 体重:68kg

 年齢と共に太りやすくなった事とそれに関して年齢を理由にしたくない為に減量を決意。
「寝るだけで痩せる」など世の中には痩せる為の情報は色々ありますが、私の基本は食べたい物を食べ、飲みたい物を飲みお金も余りかけない事。
色々な方法にトライしてリポート中。

 自分自身のダイエットを通じて得た知識と経験が少しでも多くの方のお役に立てばと思い体験記をブログに記録しています。
10kg以上太ってしまっても、ベスト体重までの10kg痩せる事もそこまで難しく無いって事を実践してみせます。
一緒に減量する事を楽しもう!

>>ランキング
人気blogランキング にほんブログ村
減量するのに役立つブログが満載

管理用

<体験記 第一弾~第四弾>
期間:2006/9/24~2011/12/4
テーマ・体重・体脂肪率の推移

<体験記 第五弾> 「現在継続中」
テーマ:カロリーコントロール中心
測定:2013/1/28~2014/1/31
体重:77kg→67kg (10kg減量)
体脂肪率:24.4%→17.9%

テーマ:運動とカロリーコントロール
測定:2014/2/1~
体重:67kg→?kg (?kg減量)
体脂肪率:17.9%→?%

目標体重:64kg 体脂肪率:14%

スポンサード リンク

アンケート


アンケートの投票・結果はこちらから → アンケート一覧

減量成功の為に
月別アーカイブ
ツイッター