カテゴリー

スポンサーサイト

[ 減量頑張ってる人のランキング ]


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ 痩せる事に成功した人の人気ブログ ]


にほんブログ村
↑ 応援クリックお願いします! ↑

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

朝食ガッツリダイエット

[ 減量頑張ってる人のランキング ]


朝食をガッツリ食べて、昼と夜は控えめに!というダイエット方法。
Daniela Jakubowicz博士が提唱している。
博士の調査の結果は下記の通り。


肥満女性94人を2つのグループに分ける。
1つは朝ガッツリ食べるグループ、もう1つは夜ガッツリ食べるグループ。
食べる物は全く同じで、朝と夜食べるものを入れ替えた時の実験結果。(3ヶ月)

グループ1:朝食700kcal、昼食500kcal、夕食200kcal
グループ2:朝食200kcal、昼食500kcal、夕食700kcal
結果:グループ1は平均8kg減量、グループ2は平均3.3kg減量


どうでしょう?
食べる量(総摂取カロリー)と物は同じでも、朝食重視か夕食重視かというだけでこんなに違ってきます。
朝ガッツリな食生活をこのまま8ヶ月続けたグループ1の方は平均18kgの減量に成功したとの事。

例は女性の場合なので、男性ベースだと300kcal程度は増やした感じでしょうか。
朝をガッツリ、つまり朝に炭水化物を摂取する事は間食をしたいという欲求も抑えてくれるらしい。

■最も減量効果があるカロリー配分と内容(男性はもうちょっとプラス)
1日:1,100~1,450kcal
朝食:600~850kcal
(朝9時までに甘い物、炭水化物や脂肪を摂取)
昼食:350~400kcal
(昼14~15時に野菜・タンパク質・果物を中心)
夕食:150~200kcal
(野菜・赤身のタンパク質・果物少量)

博士曰く、このダイエットの欠点は人付き合い。
夜を少なめなので、ディナーの時などは一人野菜を食べなきゃだったり色々制約(友人の理解)が出てくるわけですね。
夜を低カロリーにするには、低カロリーの知識も必要となりそうです。


1日食べたからといって莫大に増量するわけではありません。
日々の食生活は意識をするけど、楽しむ時は楽しむ!
そんな気楽な心構えがストレスもたまりにくくて継続しやすいでしょう。
結婚式までに◯kg落としたい!なんて時間が絡んでる目標がある人は達成するまでは我慢!くらいの意識が必要かな!?
単純に朝食を多く、夜を少なめにという傾向を意識するだけでも大きな違いが生まれそうですね♪


Daniela Jakubowicz博士の本

ダイエット方法について
関連記事


[ 痩せる事に成功した人の人気ブログ ]


にほんブログ村
↑ 応援クリックお願いします! ↑

[ 2013/10/01 01:40 ] ブログ記事一覧 | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://mydietdiary.blog81.fc2.com/tb.php/681-3bc9f8aa

ブログ内検索
プロフィール

けん

名前:けん 性別:男性 年代:30代
身長:173cm 体重:67kg

[測定データとダイエットメニュー]

 年齢と共に太りやすくなった事とそれに関して年齢を理由にしたくない為に減量を決意。
「寝るだけで痩せる」など世の中には痩せる為の情報は色々ありますが、私の基本は食べたい物を食べ、飲みたい物を飲みお金も余りかけない事。
色々な方法にトライしてリポート中。

 自分自身のダイエットを通じて得た知識と経験が少しでも多くの方のお役に立てばと思い体験記をブログに記録しています。
10kg以上太ってしまっても、ベスト体重までの10kg痩せる事もそこまで難しく無いって事を実践してみせます。
一緒に減量する事を楽しもう!

>>ランキング
人気blogランキング にほんブログ村
減量するのに役立つブログが満載

管理用

<体験記 第一弾~第四弾>
期間:2006/9/24~2011/12/4
テーマ・体重・体脂肪率の推移

<体験記 第五弾> 「現在継続中」
テーマ:運動とカロリーコントロール
測定:2013/1/28~
体重:77kg→67kg (10kg減量)
体脂肪率:24.4%→17.9%

目標体重:64kg 体脂肪率:14%

スポンサード リンク

アンケート


アンケートの投票・結果はこちらから → アンケート一覧

減量成功の為に
月別アーカイブ
ツイッター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。